"/>

時事問題、IT技術、音楽、ドラム、ポケモン、ベイブレードバースト、ガジェットなど複数の話題を綴る雑多なblogです

ベイブレードバースト

総合力No.1を探る旅~各型最強改造を求めて

投稿日:

最強改造を求める神々たちの遊び

どーも、僕です。
今日は俺得なベイブレードバーストシミュレータを使って遊んでました。

超Zシリーズになって、公式データから求める各型の総合力No.1が変わったんだろうなという疑問を持ち、実際に計算してみました。
ってなことで、発表していきます。

ディフェンス型総合力No.1 エンペラーフォルネウス.0B.P

 

アタック型総合力No.1 ウイニングヴァルキリー.0H.Ul

 

バランス型総合力No.1 ゼットアキレス.0F.Mr

 

スタミナ型総合力No.1 スプリガンレクイエム.0C.Pl

 

超Zシリーズはバランスが悪いところがあるので、グリップの効くラバー系ドライバーが良いのだろうと思ってたんですけど、まあ実際と数値上は違って当たり前だなと。

ただ思うに、ラバー系ドライバーは総じて軸先が細いため、超Zシリーズのレイヤーの重さを支えるとなると、バランスを崩す形で自滅するパターンが多いような気がします。

なので、しっかりと重量のあるレイヤーを支えられるであろう、軸先の太いドライバーの方が相性が良くなるかなと思ったりしてます。

そうなると、バランス型総合力No.1のゼットアキレス.0F.Mrは、マージドライバーだと心もとないので、リボルブドライバーに変更してみると良いかもしれません。

ディスクがすべてゼロディスクになっているのは、私的な考え方ですが、ベイブレードバーストは、重さこそ正義な部分もあると思っているからこその選択です。

そのうち、動画を撮ってアップしますね。それでは、また!

-ベイブレードバースト
-, , , , , ,

Copyright© 本気出して考えてみた , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.