カラオケ ON STAGE とは

正月早々、叔父からお呼びがかかる。

「カラオケの機械を買ったから来てほしい」

行ってみると、ワイヤレスマイクが2本刺さる機械があった。
「ON STAGE」と書いてある。

聞くと、「当初の収録曲が少ないので、インターネットからダウンロードしたい」
ということらしい。購入店でそういうことができると聞いているようだ。

早速Google先生に聞いてみる。
ほうほう、ストリーミング配信対応カラオケとな。

ON STAGE X
http://www.on-stagex.jp/web/top

しかし配置するところは、普段住んでいるところとは別の場所で電話回線なし。
どうやってインターネット環境を確保するかが問題だ。

叔父といろいろ話をしていると、「タブレットを買おうかと思っている」という話が聞けた。
ここでピンときた。テザリングだよ、テザリング。

早速携帯ショップへ行って、タブレットを契約してもらう。
有線LANもしくは、無線LAN子機でインターネット接続できるように、カラオケ機には
ポートがついている。取扱説明書を見ると、無線LAN子機は「PLANEX GW-USEco300
しか動作確認されてない。しかも現在販売終息品。なんじゃそれ。

イチかバチかで電気屋にて「Logitech LAN-W300AN/U2」を購入。
早速差し込んでみるが・・・認識しない。。。
仕方がないので、我が家の無線LANコンバータを提供することに。

タブレットをテザリングモードにして、ストリーミング配信させてみると・・・できた!
素晴らしい。実に素晴らしい。

これで叔父の家に通信カラオケ環境が完成。
早速唄いまくる叔父なのでした。

というか、これ。
年配の人に通信環境を構築させるのは無理でしょ。。。
売る方も売るほうだよ。
簡単そうに言って、情報弱者を騙すような商売のやり方。
気に食わないなぁ。

ga('create', 'UA-46761534-1', 'reona530.com'); ga('require', 'linkid', 'linkid.js'); ga('send', 'pageview');