"/>

時事問題、IT技術、音楽、ドラム、ポケモン、ベイブレードバースト、ガジェットなど複数の話題を綴る雑多なblogです

ガジェット

UMIDIGI F1のためにFOMAのSIMカードサイズをnanoSIMにした件

投稿日:

どーも、またたびにねこまっしぐらです。
今日は来店予約していたドコモショップに行ってきました。

目的は「FOMAのSIMカードサイズのnanoSIM化」。
そう、それはUMIDIGI F1での格安SIMとFOMAの融合、すなわちDSDSの実現のため!(大げさなw

予約していたので呼ばれるまではスムーズというか、事前に備考欄に書いておいた内容をめぐって、プランの変更とかじゃないですよねとの確認が店員さんからあったw

Xiじゃなくて、FOMAのままSIMカードサイズを変えたいと伝えて、待っているとカウンターへ案内された。

事務手数料として2160円かかること、docomo以外の機種なので動作保証しないことを丁寧に説明されたが、そんなことは事前に体験談を見てたから「大丈夫です」で乗り切る。

それ以降はすんなりと、いつものピンク色ではなく青色のSIMカードに情報を書いてもらったSIMカードを受け取って終了。トータル15分くらいだったかな。

この田舎じゃ、あんまりいないタイプの契約内容だったのもあって、店員さんに戸惑いもあったようだけど、免責事項だけ了承できれば何のことはなかった。

事務手数料は翌月の支払いにまとめてもらったので、その場での手出しはなし。
もらったSIMカードを店外に止めていた車の中で差し込み、受信、発信を確認。うーん、問題なし。エクセレント!

これでFOMA 3Gとiijmio 4GのDSDSが完成しました。
どちらもdocomo系なので、電話番号でしか判断できないのが難点かなぁ。

優先SIMは、モバイルデータにiijmio、通話にFOMAを選択しています。
これで2台持ちから解放されるー。

ちなみに私は「他社のSIMフリー端末で使用する」ということだけ説明しました。店員さんからは、技適マークの付いた端末を見せろと要求されることもなかったので、結構構えていったんですけど、なんだか拍子抜けでした。

皆様もよいUMIDIGI F1ライフを!

-ガジェット
-, , , , ,

Copyright© 本気出して考えてみた , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.